日記ページ・学年だより

カテゴリ 件数 検索
カテゴリ:校長
2月15日(金)大繩朝会の風景です。
朝、校庭で、仲良し班による大繩跳びに挑戦しました。
みんなの呼吸や息を合わせるので、とてもよい活動だと思います。
クラスで取り組めば、クラスも一体感が生まれてくると思います。

公開日:2019年02月15日 10:00:00

カテゴリ:校長
2月14日(木)体育朝会の風景です。
体育館で、パラリンピックの競技「ゴールボール」の紹介と実演を行いました。
多くの子供たちが、興味深く参加していました。

公開日:2019年02月14日 14:00:00

カテゴリ:校長
2月14日(木)3年1組国語の授業風景です。
講師の先生をお招きして、俳句教室を行いました。
初心者にもわかりやすく、段階的にレベルを上げていただきました。
俳句を作る喜びを味わうことができました。

公開日:2019年02月14日 14:00:00

カテゴリ:校長
2月13日(水)6年1組図工の授業風景です。
6年間お世話になったランドセルをスケッチしています。
「今まで、どうもありがとう」という気持ちを込めて描いています。
6年生の南央小学校での生活も、残すところ、あと1か月半となりました。

公開日:2019年02月13日 12:00:00

カテゴリ:校長
2月12日(火)全校朝会の風景です。
連休明けの朝会となりました。
校長、週番の先生から話がありました。
週番の先生からの通学路の話は、たいへん分かりやすかったです。
校長の話は、以下の通りです。

 世の中は、人と人が集まっています。だから、自分の思い通りにはいきません。幸せを感じることがあれば、不幸を感じることもあります。世の中は、時に、不公平で不平等なのです。
 その一方で、時間だけは、だれもが平等に与えられています。1日は、だれもが24時間で、20時間だったり、30時間だったりする人はありません。その24時間が、幸せになるかならないかは、自分しかありません。
 私たちは、今日、明日、来週、来月までいのちが保障されていません。もしかしたら、災害や事故、病気にあってしまうかもしれません。それなのに、多くの人たちは、「ずっと生きてられる」と思い込んではいないでしょうか。今日という日が大事な一日であるにもかかわらず、ぼんやりと生きてしまいがちです。こんな気持ちで生きていたら、たとえ長生きしたとしても、人生が終わる時、後悔の気持ちしか残らないのではないでしょうか。
 「酔生夢死」という言葉があります。「酔生夢死」とは、酒に酔い、夢の中にいるような気持ちで一生を送ることです。
校長先生は、これまで、この言葉の通りのような人生を送ってしまいました。だから、人生が残り少なくなった今、後悔の気持ちでいっぱいです。しかし、みなさんの人生は、これから始まります。でも、時間が無限にあると思ってはいけません。人生はマラソン競技ではありません。100m走のようなもの、いや50m走のようなものなのです。
 そんな一度限りの短い人生だからこそ、苦しみも、悲しみも受け入れて、今日という大事な一日を大切に送らなければならないと思うのです。校長先生と同じような失敗を繰り返さないためにも、是非、この言葉の意味を噛みしめてもらいたいと思います。

公開日:2019年02月12日 08:00:00
更新日:2019年02月12日 09:04:42

カテゴリ:校長
2月7日(木)4年1組国語の授業風景です。
「私の研究レポート」と題して、調べたことをまとめる報告書を作成するものです。
1月28日の全校朝会の校長の話で、「学校は何をするために来るのか?」をテーマにした児童もいました。
今から、発表がとても楽しみになりました。

公開日:2019年02月07日 12:00:00

カテゴリ:校長
2月6日(水)4年1組社会科の少人数指導の授業風景です。
コンピュータ室で、東京都の地理を調べています。
少人数のため、1人1台のパソコンを使っています。
落ち着いた雰囲気で、調べ学習をしています。

公開日:2019年02月06日 11:00:00

カテゴリ:校長
防災キャップの販売について
 南央小学校では、来年度より、防災キャップの使用を奨励します。防災キャップは、防災頭巾に比べ、上からの落下物に耐久性があり、ガラスやコンクリートの破片などの衝撃に強く、安全性がとても高くなっています。


 明後日7日(木)午後2時30分より、新入生保護者説明会があります。その中で、業者の方が、防災キャップのご説明をさせていただき、希望者の方には隣の部屋で販売をいたします。もちろん、2年生以上のお子様につきましても、購入することができます。

 サイズは、S~M(49~56cm)とM~L(57~62cm)の2種類があります。値段は、定価3,600円ですが、業者の方に交渉しまして、税込み3,000円で販売していただけることになりました。

 この防災キャップは、非常にコンパクトなので、普段は、机の横に吊り下げたり、ランドセルに吊り下げて持ち運ぶことができます。その反面、袋がやや小さめで、低学年のお子様には、袋からの出し入れが難しいかもしれません。大きさにこだわらなければ、ご家庭にある袋を代用される方がよいかもしれません。

 もし、購入をご希望の方がおられましたら、7日(木)午後2時30分にお越しください。よろしくお願いします。 

                              大島南央小学校 校長 松原好広

公開日:2019年02月05日 13:00:00
更新日:2019年02月05日 14:01:56

カテゴリ:校長
2月5日(火)3年1組体育の授業風景です。
体育館でマット運動をしています。
冷え切った体育館ですが、子供たちは熱心に行っていました。
熱気がこちらまで伝わってきました。

公開日:2019年02月05日 12:00:00

カテゴリ:校長
2月4日(月)全校朝会の風景です。
校長の話の後、週番の先生から、今週の目標である挨拶の話をしました。
南央小学校は、すべての児童が、挨拶のできる学校を目指しています。
校長の話は、以下の通りです。

 皆さんは、飛行機の窓から、自分が乗っている飛行機の翼を見たことがありますか。
 飛行機の翼は、空を飛んでいる間、ずっとぐらぐらと揺れながら飛んでいます。もし、カチカチの固い素材で作られていたら、風に負けて、すぐに折れてしまうからです。
 人の心も同じです。固いだけでは、簡単に折れてしまいます。固い心というのは、柔軟性がないから、何か問題が起きたとき、それに対処できなくなってしまいます。本当に強い心の人というのは、自分の心を柔軟に変化させることができるから、何か問題が起きたときにも、柔軟に対応できるのです。
 さて、みなさんの心はどうですか。じつは、校長先生の心は、とても固く、コチコチしています。だから、できることなら、少しでも柔らかい心をもちたいと思っています。私たちの周りには、心の柔らかい人がたくさんいます。そういう人を見習って、少しでも心をやわらかくしたいものです。

公開日:2019年02月04日 10:00:00